FC2ブログ

文字マスクツールとコンタクトシート

画像から文字を作る コンタクトシート写真
今月は、文字マスクツールとコンタクトシート写真の作り方を教えてもらいました。
1、横書き文字マスクツールで画像から文字を作る
CD→A撮影の基礎→2基礎・ズーム→「あやめ・ワイド」の画像を使います。
文字マスクツール→画像をクリック(画像が橙色になり、マスクされていることを表します)
→「あやめまつり」を入力→移動ツールで大きさを調整→編集→コピー→ファイル→新規
→白紙→編集→ペースト。

2、コンタクトシート写真
まずは、写真を選んで、ピクチャーにフォルダを作っておきます。
 ファイル→レイアウトプリント→コンタクトシート→列数2、行数4→ソースフォルダの参照
→コンピュータ→ピクチャ→写真8枚→OK。
(コンタクトシートを使えば、写真が自動に並べてくれます。しかし、写真の編集・文字の編集は
できません。)
どうもありがとうございました。


スポンサーサイト



ワシントンDC

ユニオン駅(ワシントン駅) ホワイトハウス ワシントン記念塔

ニューヨークのPenn Station(Amtrak)駅からアムトラック(鉄道)で約
3時間半で、ワシントン駅(ユニオン駅)に到着しました。
ホテルの横のConnecticutアベニューを歩いて約1時間、ホワイトハウスに着き、周り1周を見ました。

 ホワイトハウスからワシントン記念塔が見えます。塔の上の展望台へ行くには、整理券が必要です。でも取る方法がわからないで困っている時、係の方が入れてくれましたことに感謝、感謝。
展望台の東南西北にそれぞれ小さな窓があり、ワシントンDC全域が見渡せます。階段を下りて、展示室があります。エレベーターで下りる途中、電気が一旦消えて、塔の内側に、各地から寄せられた石とか説明などがあります。
記念塔の上下の石の色が違うのは、作る途中で、資金不足と南北戦争が起こって、中断して、戦争が終わって又作り始めたそうですが、同じ場所から採取した石材にもかかわらず、色が違ってしまったそうです。

ワシントン記念塔の東は、国会議事堂で、西はリンカーン記念館です。4キロにわたってきれいです。リンカーン記念館から、国会議事堂まで歩いて約1時間半かかりました。


ニューヨークでの一日

自由の女神 ウォールストリートと青銅公牛 ブロードウエイ

まず、バッテリーパークからフェリーに乗って、自由の女神(Statue of Liberty)を見学します。ニューヨークのシンボルとして、ニューヨーク湾に浮かぶリバティ島に立ちます。自由の女神をみるのは、長年の夢でした。

それから、ウォールストリート(Wall Street)に行きました。「華尓街的老板」(ウォールストリートのオーナー達)という世界経済を揺さぶる言葉は何十年前から聞きました。旅行者の皆さんは青銅公牛をタッチして喜んでいました。

最後に、5番街(Fifth Avenue)で、一流ブランドのブティックや高級デパートなどを見て、賑やかな流行・文化の発信源であるタイムズスクエア(Times Square)、ブロードウエイ(Broadway)を回って、夕食は中華街で食べました。
ニューヨークの街の甘い香りが印象的でした。


ロンドン

オックスフォード・クライストチャーチ シェイクスピアの生家 ロンドン塔 タワー・ブリッジ
ロンドン・アイ バッキンガム宮殿・衛兵交替式 ウインザ―城

オックスフォード・クライストチャーチ:
オックスフォード大学は、38のカレッジからなります。
クライスト・チャーチは、大聖堂を持つ、オックスフォードで、一番大きく
壮麗なカレッジです。カレッジの食堂は、映画「ハリー・ポッター」シリーズに出てくる魔法学校の食堂のモデルにもなり、建物の屋根が今修理中で、2015年3月までは中が見られません。

シェイクスピアの生家:
ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)は、偉大な劇作家として世界中にその名を知られることとなります。    

ロンドン塔:
 国王の即位のときに使われる王冠、宝珠、王錫といった宝器をはじめとして、数々の宝物が展示されています。

タワー・ブリッジ:
 ロンドン塔の近くにあり、橋が上がるのは、今では日に2、3回で、なかなか見られません。

ロンドン・アイ:
 テムズ河沿岸にそびえたつ高さ130mある観覧車で、25人を収容できるカプセルが32個あります。1周約30分かかります。

バッキンガム宮殿:
 バッキンガム宮殿の衛兵交替式は夏季は毎日、ほかの季節は1日おきに行われています。今日は、奇数の日で、衛兵交替式があります。朝11時半、衛兵舎から出て、宮殿に入ります。(中で鍵の交換式があり、12時に交替した衛兵が出てきます)

ウインザ―城:
900年以上にわたり、英国王室の宮殿として使われています。
王室所蔵の豪華な絵画や装飾品が飾られています。
現女王エリザベス2世は、週末のほとんどをここで過ごします。
女王旗を揚げて知らせます。

リンク
プロフィール

異風園店長

Author:異風園店長
出身校:浙江大学、東京農工大学

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR